3連複の野望 Season2

独自フォーメーション 人気馬×穴馬の融合で高配当奪取

2019年09月

今週の回顧

今週の結果


土曜日
茨城新聞杯 
馬連6010円
シリウスステークス 
不的中


日曜日
ポートアイランドステークス
馬連690円 三連複1060円
スプリンターズステークス
馬連1260円 三連複1070円


土曜日は重賞を外してしまったが、

茨城新聞杯で美味しい馬連6010円的中も、

三連複はヒモ抜け不的中。

日曜日の両メインでは、1~3着が人気馬で決まり配当安終了。

本命評価のタワーオブロンドンが1着。

ブログでも書いてたように、スプリンターとして「覚醒」したのだ。

そして予想通りの展開と位置取り。さすが安心のルメール。

直線向いてすぐに勝利は確信に変わりました。

過密スケジュールでしたが本当に頑張ってくれました。

対抗評価のモズスーパーフレアが2着。

好スタートから前半3F32.8秒で通過して直線も粘ったが

半馬身差2着。もっと飛ばして行くのかと思いきや、

絡まれなかったので楽逃げという形がどうだったでしょうか。

直線向いたところで、すぐ後ろにミスターメロディが来てました。

ぶっ飛ばして直線向いたところで2、3馬身くらい離してたら・・・

という結果論からの想像ですが、対抗評価が2着なのでOK。

4番手評価のダノンスマッシュが3着で予想通り。

やはり内枠がポイントでしたね。

残り300m時点で外から勝ち馬があっという間に前へ行ってしまい

一瞬で取り残されてしまったが

逆に言うとあそこからよく3着に来れたなという印象。

力はあるのですが、高松宮記念も今回も枠順で着順が左右された感じです。

簡単に回顧しましたが、まずは的中ということで良しとしましょう。

次週は毎日王冠、京都大賞典があります。注目レースです。

土曜日はサウジアラビアロイヤルカップがありますが、

登録頭数が現在9頭と寂しいレースとなりそうです。

毎日王冠注目馬→

三連単・三連複ランキング

スプリンターズステークス枠順決定

スプリンターズステークスの枠順が決まりました。


現在1人気 8番タワーオブロンドン

結構売れておりますね。良い枠に入りました。

私がこの馬もしかしたら「覚醒」したかも。

とブログに書きましたが、そう思っている方が多いようです。

注目していた、ロードカナロア産駒2頭が8枠に入ってしまいました。

さすがに来てもどちらか1頭ですかね。8枠は辛い・・・

あとは当日の天気が心配です。レース始まるまでギリどうでしょうか。

なんとか良馬場で開催してもらいたいですね。

スプリンターズステークス注目馬→A


三連単・三連複ランキング

シリウスステークス 注目馬

このレースに登録している馬で回避馬が3頭でました。

グリム(牡4、栗東・野中賢二厩舎)
リアンヴェリテ(牡5、栗東・中竹和也
厩舎)
テルペリオン(牡5、栗東・寺島良厩舎)

10/1に行われる白山大賞典に向かう予定。


シリウスステークス 注目馬

前走は怒涛の追い込み炸裂圧勝。

良馬場タイムも優秀、上り3Fはなんと35.8秒!

異次元の追い込みだったが、今回も同じような競馬ができるかは・・・

しかしハンデ戦斤量50キロなら勝機あり。鞍上は誰でしょうか?

ただ日曜日の竹田城ステークスにも登録しているので、

そちらにいくかもですが。
注目馬
三連単・三連複ランキング

スプリンターズステークス 注目馬

タワーオブロンドン


ローテが詰まっていて、サマーシリーズでメイチだった事や

前走レコード決着の反動など今回は不安要素が多い。

3走前から1200mへシフトして3着→2着→1着。

特に前走は圧巻だった。走破タイムも速いが上がり33.2秒は断トツ。

1頭だけ違う走りをしていた。

この馬はもしかしたら、

この近3走でスプリンターとして「覚醒」したのかもしれない。

関東馬ながら中山コースは初めてだが、

坂のある阪神コースで「3-0-1-0」 右回り「4-2-2-0」

馬体重は減らしたくはないだろうし、中山なら尚更良し。

そして1番良かったと思えるのは、当初予定していた浜中騎手ではなく

主戦のルメール騎手が乗るという事。グランアレグリアの回避により

鞍上が戻ってきた訳だ。これは運もあるのかもしれない。

調教も順調に進んでおり、極端な枠に入らなければ

本命になる可能性は高い。



かなり注目馬


前走は太目残りで直線失速も先行して頑張った。

たたき2走目もあり、輸送もありで絞ってくるだろう。

中山芝1200m「3-1-0-0」重賞勝ちがあるコースで舞台設定は文句なし。

今回の高速馬場でハナ切って

前半32秒台で行っても粘りきる可能性は十分あり。

それが持ち味だから。

三連単・三連複ランキング

神戸新聞杯

神戸新聞杯


1着 サートゥルナーリア


スローの瞬発力勝負とはいえ、

先行して余裕の上がり32.3秒では

後ろの馬に勝てる要素がありません。強かったの一言です。

正直あそこまで強いとは・・・ムチ無しですからね。

このあとは、天皇賞、ジャパンカップと進んで

鞍上は今年短期免許で7年ぶり来日するスミヨン騎手になると

噂が飛び交っております。

ルメール騎手はアーモンドアイですからね。



2着 ヴェロックス

サートゥルナーリアとは完全に「差」がつきました。

展開や位置取りがサートゥルナーリアと逆だった

こともありましたが、もしかしたらこの距離で逆転があるかも

と思っていた方々には残念な結果でした。

菊花賞では有力な1頭になりますがどうでしょうか。



そして今週はスプリンターズステークス。


今回の注目馬→
三連単・三連複ランキング
ギャラリー
  • プロキオンS最終予想
  • 宝塚記念 枠順発表
  • 宝塚記念 枠順発表
  • 先週の重賞回顧
  • 今週の結果 2月募集概要
  • 各メイン 注目穴馬
  • 今週の重賞 東海ステークス
  • 今週の重賞 AJCC
  • 今週の重賞 AJCC